紹介予定派遣は、開発の業務内容について詳しく知る事の出来る働き方のため、開発職に有利な転職方法です。

転職でスキルアップを目指せ
転職でスキルアップを目指せ
転職でスキルアップを目指せ

開発職の転職は紹介予定派遣でスキルアップを目指す

IT業界における開発職の転職の場合には、転職先がどういった開発業務を行っているのか、一番知りたいところであり最も気になる事です。開発職の中でもプログラマーの場合には特に、一つの会社に留まっていると、似たような内容の開発業務ばかりが集まってくることになり、これから先のプログラマーとしてのスキルアップを目指すのであれば、今のままではいけないのではないかと、思い悩む時期があるものですが、だからと言って、スキルアップを目指して別の会社へ転職したとしても、転職先がいそれまでと似たよう開発業務内容であったなら、スキルアップを目指して転職した意味がありません。

そういった事にならないためにも、転職の際の面接などで、開発業務内容などについて詳しく説明を受けることが出来れば良いのですが、一般的に開発業務の内容は外部には機密事項であり、外部の人間である限り、開発の詳細を知る事が出来ないような仕組みになっているのが現状なのです。従って、実際に働くようになって初めて開発内容についての詳細を知らされることになるのですが、正社員として雇用されてから知ったのでは、あまりにも意味がありません。ところが、紹介予定派遣という働き方であれば、正社員として雇用される前に、開発内容の詳細を知る事が出来ます。

紹介予定派遣は、求人を紹介された後、一定の契約の間、正社員と同じような環境で働くことの出来るシステムで、その契約期間終了後に正社員として就職を希望するのか、希望しないのかを選択することが出来ます。つまり、開発業務内容について全て知った上で選ぶことが出来ため、万が一スキルアップが望めない環境だと判断した場合には、正社員としての雇用を断ることが出来ます。そして、次の職場を紹介してくれる仕組みになっているのです。また、その他にも、希望年収についても、紹介予定派遣であれば営業が間に入って調整してくれますので、自分一人で交渉するよりも交渉のプロの方が、遥かに希望年収を実現出来る可能性が高いでのす。

■注目の情報